All right reserved by Institute for Comparative Studies of Culture, Tokyo Woman's Christian University.

沿革

東京女子大学比較文化研究所は、1954年6月、ハーバード燕京研究所の経済的援助を受け、「比較文化」を冠する日本最初の研究所として創設されました。中国の大学に対する援助活動からの撤退を余儀なくされた燕京研究所に、あらたな援助先として本学を紹介されたのは、本学の創設メンバーであった元理事A・K・ライシャワー博士とのちの駐日大使E・O・ライシャワー博士父子だと言われています。 本研究所は、比較文化的研究および日本キリスト教史・キリスト教研究の拠点として、長年にわたり国内外に大きな学術的貢献を果たしてきました。

お知らせ

●2018年4月3日
蔵書・所蔵資料
内閣官房「明治150年」ポータルサイト
本研究所所蔵ちりめん本デジタルアーカイブが
掲載されました。
●2018年3月8日
行事
公開講演会
「フランスから見る現代の日本文学―その光と影―」

講師:坂井セシル
   (日仏会館・フランス国立日本研究所所長/
    パリ・ディドロ大学教授)
2018年7月5日(木) 10:55~12:25 ※開場10:15
東京女子大学講堂
申込不要・聴講無料・定員500名 直接会場へ
●2018年3月7日
出版
東京女子大学比較文化研究所紀要 第79巻
2018年1月刊行
比較文化 第64号
2018年3月刊行


ページ
TOP